名古屋に昔から根付くご当地グルメである「志の田うどん」をご存じでしょうか。名古屋周辺に住んでいる方でなければ、あまり馴染みがないものかもしれません。

今回は、地域に浸透しすぎているがゆえに、地元の人が「名古屋限定」だと気づかないほどの「隠れ名古屋めし」、志の田うどんについて解説していきます。

目次

名古屋のうどん屋の定番メニュー!「志の田うどん」とは?

名古屋市内で昔から食べられているうどん「志の田うどん」は、白醤油をベースとしたつゆに、刻んだ油揚げと青ネギ、かまぼこを添えた、シンプルなうどんです。お店によっては、同じ具を醤油で味付けし、ご飯に盛った「志の田丼」も提供されています。

一見シンプルなうどんで、どこにでもありそうなうどんですが、「志の田」という名前とともに、決められたスタイルがあり名古屋周辺でしか食べられていない「ご当地グルメ」なんです。

ルーツは大阪?志の田うどんの歴史

志の田うどんの歴史は長く、戦後間もないころには既に地元の方には定番となっていたことがわかっています。名古屋市東区東外堀町にある「山田屋」は昭和5(1930)年から営業しており、当時から昔から志の田うどんを提供しています。

ただ、その発祥は詳しく明らかにはなっておらず、名古屋の古いうどん屋さんでも「昔から当たり前にあったものなので出しているが、由来はわからない」というところが多いようです。

志の田うどんは大阪がルーツ!?大阪にも「しのだうどん」が

志の田うどんを名古屋で提供する「総本家えびすや本店」3代目の中山さんによると、もともとルーツは大阪の「信太(しのだ)うどん」なのではないかということです。

大阪の信太うどんは、きつねうどんに油揚げを1枚プラスしたもの。信太という駅にある信太森葛葉稲荷(しのだのもりくずのはいなり)という神社がきつねをまつっていたことからそう名付けられました。

しかし信太うどんがそのまま「志の田うどん」になったわけではないようです。

庶民の芸能から生まれた志の田うどん

先述した信太森葛葉稲荷には、白狐が登場する「信太の森」という伝説があり、歌舞伎や浄瑠璃の演目になっています。志の田うどんは、「信太うどん」に影響を受けながらも、この伝説を独自に解釈してアレンジしたものだと考えられます。

つまり、名古屋の志の田うどんは、白虎=白醤油+油揚げという発想と、別の漢字を当てる庶民の「粋」な文化から生まれたということです。昔の人は現在よりも歌舞伎や浄瑠璃に親しんでいたため、ネーミングの由来をすぐに理解できたのではないでしょうか。

調査員F

ちなみに、油揚げをきざむのは京都で舞妓さんがおちょぼ口でも食べられるように配慮した「きざみきつね」にインスパイアされているという説もありますね!

参考:「志の田うどん」のルーツを探る

以上のように興味深い説がありますが、確たる文献が残っておらず、そのルーツはいまだ謎に包まれています。

志の田うどんの特徴

ここで、「志の田うどん」の特徴をおさらいしておきましょう。

  • 碧南市の名産品である白醤油ベースの「白つゆ」を使うこと
  • 刻んだ油揚げ、青ネギ、かまぼこを具に使うこと
  • 油揚げは味付けせずにつゆの中でさっと炊く
  • 麺はきしめんにも変更可能

以上のようなものが志の田うどんの特徴として挙げられます。

碧南市の名産である白醤油を使っていることや、乗せられた具材は名古屋めしとして知られる「味噌煮込みうどん」と同じであることから、地域に根差したご当地グルメであることがわかりますね。

調査員F

たべまろ調査員は、みんな白醤油を使ったグルメが大好きです♥

碧南市の白醤油を使ったご当地グルメ「へきなん焼きそば」の詳細はこちら↓

へきなん焼きそば

愛知県碧南市発のご当地グルメ「へきなん焼きそば」。地元産の白しょうゆや野菜を使った焼きそばは、地元民をはじめとして多くの人から愛されています。 ここでは、「へ…

「色が濃い」「味つけが濃い」といったような典型的な「名古屋めし」のイメージとは異なる志の田うどんですが、古くから愛されてきたご当地グルメです。

あまり食欲がない時や、食べられるものが少ない子供でも食べられるため、古くから名古屋の人々に優しく寄り添ってきたことがうかがえますね。

志の田うどんが食べられるおすすめ店

お食事処 みよし

4.0
8
  • 志の田うどん
  • 名古屋市
  • 国際センター駅

総本家えびすや 本店

3.9
24
  • 志の田うどん
  • 名古屋市
  • 栄駅

かめ壽 本店

3.7
34
  • 志の田うどん
  • 名古屋市
  • 矢場町駅

山田屋

3.8
26
  • 志の田うどん
  • 名古屋市
  • 東大手駅

名古屋で愛され続ける「志の田うどん」を食べに行こう!

いかがでしたでしょうか。名古屋のうどん屋、きしめん屋で古くから親しまれてきた「志の田うどん」。地元の人がご当地グルメだと気づかない「隠れ名古屋めし」ですが、形を変えず長い間受け継がれてきた名古屋独自の食文化のひとつです。

名古屋に遊びに来た方も、住んでいて意外と食べたことがなかった方も、伝統の味をぜひ一度食べてみてください。