「清須からあげまぶし」は愛知県清須市が町おこしのために開発した新ご当地グルメです。味噌ダレでしっかり味つけをしたからあげを、白米の上にたっぷりと乗せたボリューム満点のメニューは令和3年に誕生して以来、多くのリピーターを集める人気グルメとなっています。

こちらでは「清須からあげまぶし」の特徴や歴史、おすすめ店などを詳しくご紹介します。からあげ好きの方や、ご当地グルメに興味のある方、そして愛知県を訪れる予定のある方は、ぜひチェックしてみてください。

目次

「清須からあげまぶし」とは?

「清須からあげまぶし」とはどんなメニューなのでしょうか。まずは「清須からあげまぶし」がどのようにして生まれたのかについて、その成り立ちを詳しく見ていきましょう。

そもそも「清須市」ってどんな場所?

清須市は愛知県の北西部に位置する人口約7万人の町です。町のシンボル「清洲城」は、戦国武将の織田信長が青年時代の本拠地としたことでも知られています。城の内部は観覧可能で、清須の歴史や、清須ゆかりの刀工による刀・槍などの展示、シアターによる歴史紹介などを楽しむことができます。

清洲城の前にある無料休憩施設「清須ふるさとのやかた」では、地元産の新鮮野菜やおみやげものが多数取り揃えられています。清須市ガイドボランティアの受付も行われており、清洲城周辺を無料で案内してもらうことが可能です。

清洲城の近くに位置する「清須公園」や「五条川桜並木」、清須市北部の春日地区にある「春日五条川の桜並木」、そして「はるひ夢の森公園」は桜の名所としても人気です。例年3月下旬から4月上旬にかけて、地元民をはじめとして多くの花見客が訪れるスポットとなっています。

清須市

愛知県の北西部に位置する「清須市」は、名古屋市に隣接する街です。名古屋駅から電車で約20分という好立地にある一方、清洲城をはじめとした名所旧跡が数多く残る街と…

そんな清須市発祥の新ご当地グルメ

「清須からあげまぶし」は清須市観光協会と飲食店が町おこしのために開発したメニューです。揚げたてのからあげを白米の上にトッピングした丼スタイルが特徴で、令和3年に誕生して以来、清須市内の複数店舗で人気ご当地グルメとして提供されています。

では、清須市ではなぜからあげをご当地グルメに選んだのでしょう。

実は、前述した町のシンボル「清洲城」は、織田信長が「桶狭間の戦い」に出陣した地とされ、天下とりの出発点ともいえる場所といわれています。その天下「とり」と「とり」のからあげをかけて、清須市のご当地グルメ「清須からあげまぶし」は生まれました。

また、織田信長の好物だったとされる「焼き味噌」と「湯漬け」からもヒントを得ているそうです。

「清須からあげまぶし」の条件とは?

「清須からあげまぶし」と認められるには以下の3つの条件を満たす必要があります。

  • 鶏のからあげを清須産の味噌で味付けすること
  • 愛知県産の野菜を使用すること
  • ひつまぶし形式で提供すること

この3つを満たしたもののみが「清須からあげまぶし」と認められているのです。

「清須からあげまぶし」の特徴

清須市の新ご当地グルメ「清須からあげまぶし」には、以下のような特徴があります。

  • 味変が楽しめる「ひつまぶしスタイル」
  • 店ごとに異なる味わい

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

味変が楽しめる「ひつまぶしスタイル」

「清須からあげまぶし」の一番の特徴は「ひつまぶしスタイル」で食べるという点です。

「ひつまぶし」は蒲焼にしたうなぎの身を切り分け白米に乗せ茶碗に取り分けて食べる、言わずと知れた愛知県の名物料理。一杯目はそのまま、二杯目は薬味をそえて、三杯目はだしをかけて食べるのが「ひつまぶしスタイル」です。そうすることで何通りもの味変を楽しむことができます。

「清須からあげまぶし」もこの「ひつまぶしスタイル」にならい、一杯目・二杯目・三杯目で食べ方を変えるのが定番です。ボリューミーなからあげも、薬味やだしと一緒に食べることで、女性や子供も無理なく食べ進めることができます。

ちなみに「清須からあげまぶし」や「ひつまぶし」に使われている「まぶす」という言葉は、お櫃のご飯に具材を「まぶす(乗せる)」という意味に由来するという説があるそうです。

店ごとに異なる味わい

「清須からあげまぶし」は市内の複数の店舗で食べることができます。

なかでも、愛知県に本社を置き全国に店舗を展開する「カレーハウスCoCo壱番屋」では、ポークカレーにからあげまぶしを使ったメニューを提供しています(愛知清須店・西枇杷島店限定)。

実はCoCo壱番屋の1号店は清須市にあります。その1号店オリジナルのメニューとして、からげまぶしをトッピングしたメニューが提供されているのです。

清須市内ではさまざまな「清須からあげまぶし」が楽しめる

現在、清須市内では7店舗の飲食店で「清須からあげまぶし」が食べられます。

味噌ダレと甘辛ダレの2種類を使用したもの、隠し味にビールを使ったもの、懐石料理の技を活かしたもの、石鍋に入れたものなど、店舗ごとにさまざまな「清須からあげまぶし」を楽しむことが可能です。

いろいろな店を食べ歩きして、自分好みの「清須からあげまぶし」を見つけてみるのも面白いですね!

「清須からあげまぶし」が食べられるおすすめのお店!

カフェ&レストラン 田園

カフェ&レストラン 田園

4.5
95
  • 清須からあげまぶし
  • 清須市
  • 丸ノ内駅

Shop information

店名
カフェ&レストラン 田園
住所
〒452-0908 愛知県清須市寺野郷前57
最寄駅
丸ノ内駅
電話番号
052-409-0031
営業時間
7:00〜21:00
定休日
火曜日・第2月曜日(第2月曜祝日の場合営業)

情報は掲載時点の情報です。最新の情報は店舗へお尋ねください。

炉ばた いちもんじ 信長食堂

炉ばた いちもんじ 信長食堂

4.5
43
  • 清須からあげまぶし
  • 清須市
  • 西枇杷島駅

Shop information

店名
炉ばた いちもんじ 信長食堂
住所
〒452-0018 愛知県清須市西枇杷島町住吉53
最寄駅
西枇杷島駅
電話番号
052-503-9556
営業時間
[信長食堂] 11:00~14:30 (L.O.14:00) [炉ばたいちもんじ] 17:00~22:00 (L.O.食事21:00/ドリンク21:30)
定休日
年中無休

情報は掲載時点の情報です。最新の情報は店舗へお尋ねください。

カレーハウスCoCo壱番屋

カレーハウスCoCo壱番屋 西枇杷島店

4.6
59
  • 清須からあげまぶし
  • 清須市
  • 下小田井駅

Shop information

店名
カレーハウスCoCo壱番屋 西枇杷島店
住所
〒452-0003 愛知県清須市西枇杷島町末広31
最寄駅
下小田井駅
電話番号
052-502-4738
営業時間
11:00〜23:30(L.O.23:00)
定休日
年中無休

情報は掲載時点の情報です。最新の情報は店舗へお尋ねください。

コーヒーとパンの店 モカ

コーヒーとパンの店 モカ

4.3
62
  • 清須からあげまぶし
  • 清須市
  • 新清洲駅

Shop information

店名
コーヒーとパンの店 モカ
住所
〒452-0942 愛知県清須市清洲1-9-9
最寄駅
新清洲駅
電話番号
052-718-6012
営業時間
[月〜木] 7:30〜17:00 [金〜日・祝] 7:30〜13:00
定休日
不定休

情報は掲載時点の情報です。最新の情報は店舗へお尋ねください。

まつ寿司

まつ寿司

4.2
58
  • 清須からあげまぶし
  • 清須市
  • 新清洲駅

Shop information

店名
まつ寿司
住所
〒452-0942 愛知県清須市清洲1-8-1
最寄駅
新清洲駅
電話番号
052-400-4955
営業時間
11:00~14:00(L.O.13:30) 17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日
水曜日

情報は掲載時点の情報です。最新の情報は店舗へお尋ねください。

八百㐂

八百㐂

4.0
63
  • 清須からあげまぶし
  • 清須市
  • 二ツ杁駅

Shop information

店名
八百㐂
住所
〒452-0045 愛知県清須市西枇杷島町西六軒81
最寄駅
二ツ杁駅
電話番号
052-501-3675
営業時間
11:30〜14:00(L.O.13:30) [完全予約制] 17:30〜21:00(L.O.20:00) ※予約受付当日17:00迄
定休日
水曜日

情報は掲載時点の情報です。最新の情報は店舗へお尋ねください。

プチレストラン ベル

プチレストラン ベル

4.1
40
  • 清須からあげまぶし
  • 清須市
  • 新川橋駅

Shop information

店名
プチレストラン ベル
住所
〒452-0914 愛知県清須市土器野130
最寄駅
新川橋駅
電話番号
052-400-0687
営業時間
7:00~18:00
定休日
不定休

情報は掲載時点の情報です。最新の情報は店舗へお尋ねください。

新ご当地グルメ「清須からあげまぶし」を食べてみよう

ここまで、「清須からあげまぶし」について詳しく見てきました。

町おこしのために、地元の人たちが力を合わせて生まれた「清須からあげまぶし」。織田信長の天下「とり」と「とり」のからあげをかけ合わせたり、愛知県の名物「ひつまぶし」を取り入れたり、地元を愛する人々の工夫や熱意が感じられるメニューですよね。

味噌ダレがしっかり絡んだジューシーなからあげと、ほかほかの白米の相性は最高! 薬味やだしで味変をすることで、いろいろな楽しみ方ができるおすすめのご当地グルメです。

愛知県を訪れた際には、ぜひ清須市の新ご当地グルメ「清須からあげまぶし」を味わってみてください。