愛知県の北東部に位置する「東栄町」には、県内屈指の絶景スポットや効能豊かな温泉など、さまざまな観光地が存在しています。また、鮎、若鶏、ジビエなどその土地ならではのグルメも楽しむことができます。

本記事では、東栄町の特徴、名産品、観光地、グルメ情報を徹底リサーチ!東栄に来たら必ず訪れたい観光スポットをご紹介していきます。

目次

東栄町の特徴・基本情報

  • 人口:約3千人
  • 面積:123㎢
  • 市役所所在地:〒449-0292 愛知県北設楽郡東栄町大字本郷字上前畑25
  • 公式HP:http://www.town.toei.aichi.jp/

東栄町は愛知県の北東部に位置する町で、奥三河と呼ばれる東三河地方山間部にあり、静岡県との県境にあります。

町の90%以上は山林で占められており、豊かな自然が残るエリアとなっています。町の西域の一部は愛知県立振草渓谷自然公園に、静岡県との県境の一部は天竜奥三河国定公園に指定を受けています。

藪北茶の産地として知られ、こんにゃく、しいたけの栽培なども盛んです。また、町内には国の重要無形文化財に指定された「花祭」と呼ばれる霜月神楽の伝統芸能が残っています。

東栄町へのアクセス

名古屋からアクセスする場合は、JRまたは名鉄で「豊橋駅」に行き、豊橋駅からJR飯田線約90分で「東栄駅」まで到着します。電車で行くと約2時間半。

車の場合は、名古屋方面から約2時間程度で到着します。町内唯一の駅である東栄駅も町の中心部からは外れた場所にある分、旅行の醍醐味が味わえる立地と言えます。 

町内を観光する際も基本的に車移動の利便性が高い為、遠方から訪れる場合は、周辺市街地でレンタカーなどを借りて訪れることをおすすめします。

東栄町のおすすめ観光地3選

大自然の織り成す景観や、良質な温泉、そして愛知県指定の天然記念物など、見どころ満載の東栄町。東栄町の厳選おすすめスポットを3つご紹介いたします。

蔦の渕(つたのふち

蔦の渕は、町内を流れる大千瀬川にある幅約70m、落差約10mの大滝です。この地域を代表する景勝地の一つで、迫力のある様から「奥三河のナイアガラ」とも呼ばれています。

滝頭はマグマが固まってできた固い安山岩(火成岩)の地層であるのに対して、滝つぼは柔らかい黒色泥岩の地層となっており、固い地層から柔らかい地層へと水が流れ落ちる「差別浸食」によって滝つぼが形成されたと考えられています。

蔦の渕には竜神伝説が語り継がれており、竜宮城へと繋がっているという言い伝えも残されているそうです。渕のそばには鳴らすと願いが叶うという「竜神の鐘」も設置されており、人気の観光スポットとなっています。

基本情報

  • 住所:〒449-0214 愛知県北設楽郡東栄町本郷
  • アクセス:JR飯田線「東栄駅」降車→町営バス・本郷線「常盤橋」降車し、徒歩で約10分
  • 公式HP:https://www.toeinavi.jp/spots/detail/36/

とうえい温泉「花まつりの湯」

とうえい温泉「花まつりの湯」は、蔦の渕のすぐ近くにある温泉施設です。

こちらのお湯は、ナトリウムイオン、カルシウムイオン、塩素イオン、鉄イオンの数値が高く、水素イオン濃度が人間の体に近い数値であることで知られています。これらの理由から人体への浸透率が高く、短い時間の入浴でも温泉効果を得ることができると言われています。

特に、ケガやアトピーの療養に効果があるとされ、体の芯から温まることから「熱の湯」とも呼ばれています。

また、温泉裏手にある展望台からは、大千瀬川のせせらぎを聞きながら蔦の渕を間近に見ることも可能です。

基本情報

  • 住所:〒449-0206 愛知県北設楽郡東栄町下田花田21
  • 営業時間:10:00~21:00(最終受付20:00)
  • 定休日:水曜日
  • アクセス:JR飯田線「東栄駅」降車→町営バス・東栄線「とうえい温泉前」降車
  • 公式HP:https://toueionsen.com/71282/

須佐之男神社の綾杉

須佐之男神社の綾杉は、1657年(明暦3年)に創建された須佐之男神社の御神木で、県指定の天然記念物です。

高さ45m、幹周り8.4m、樹齢400年以上の巨木であり、2本の幹が根元で斜めに交わっている様子から「綾杉」の名前がつけられたと言われています。大人が数人がかりでも抱えきれないほどの巨木からは、自然界の持つパワーを感じることができます。

また、神社の境内から眺めるのどかで美しい山の風景も魅力的です。周囲にはシャガの花の群生地があり、毎年4~5月頃に見ごろを迎えます。

基本情報

東栄町の名産品

東栄町の名産品としては、以下が有名です。

  • 若鶏
  • ジビエ
  • 五平もち
  • そば
  • 山菜

中でも鮎は、全国で一番美味しい鮎を決める「清流めぐり利き鮎会」でグランプリを獲得したほど味や香りに定評があります。

5月中旬~8月に食べごろを迎え、シーズン中には鮎釣りを楽しむこともできます。

東栄町には美味しいものが盛りだくさん!

前述の通り、東栄町には鮎、若鶏、ジビエなどさまざまな名産品があります。町内の飲食店では、それらの食材を使った料理を食べることもできます。

たとえば、シカやイノシシの肉を使ったジビエ料理は、自然豊かな東栄町ならではのグルメ。ジビエ御膳やジビエ丼、ジビエカレーなど、趣向を凝らしたメニューが提供されています。

今のところ、東栄町に明確に「ご当地グルメ」と呼べるような料理はありませんが、美味しいものが盛りだくさんの土地として、これからさまざまなご当地グルメメニューが発展してくると良いですね!

絶景と土地ならではのグルメが楽しめる「東栄町」を訪ねてみよう!

山間部に位置し、自然豊かな東栄町。清流で育った鮎や、若鶏、ヘルシーで滋味豊かなジビエなど、土地ならではのグルメが楽しめるところも魅力の一つですよね。

東栄町を訪れる際には、迫力満点の絶景や温泉、そして名産品を使ったグルメをぜひ楽しんでみてください。