国内有数の芸術大学「愛知県立芸術大学」を有し、古くから多くの芸術家を排出している愛知県には、個性的な美術館が多くあります。

調査員F

日常の喧騒から離れ、静かに作品と向き合う貴重な時間が過ごせる美術館。好きな作品を見つければ、自分の中の意外な感性に出会って驚くことも・・

この記事では、愛知県内でアート作品が楽しめる美術館を16か所厳選。開催中・近日開催の注目の展覧会・企画展情報もあわせて紹介します。

愛知の美術館で素敵な作品に触れ、ぜひ有意義な時間を過ごしてください。

目次

名古屋市美術館(名古屋市中区)

建築家・黒川紀章の代表作として名高い美術館

まずは名古屋エリアの美術館をご紹介。名古屋出身の建築家・黒川紀章氏により設計された名古屋市美術館は「歴史と未来」をテーマに、西欧の建築様式と日本の伝統技法が取り入れられたデザインになっています。 

館内には郷土出身の作家の作品を中心に、「エコール・ド・パリ」、「メキシコ・ルネサンス」、「現代美術」、「郷土の美術」の4つの収集方針に基づいて集められた作品が、およそ5,000点収蔵されています。

調査員F

ミュージアムショップでは、有名作品のポストカードや書籍、名画をモチーフにしたユニークな雑貨などが販売されています。他では買えない珍しいアイテムを探してみましょう。

特別展 𠮷本作次 絵画の道行き 

開催予定の展覧会は、「特別展 𠮷本作次 絵画の道行き」。1980年代に名古屋でデビューした𠮷本作次は、当時の国際的な動向「ニュー・ペインティング」の流れにのった大画面の具象絵画作品で注目を浴びた画家です。

本展覧会では絵画やドローイングあわせた約200点の作品を通して、1980年代以降の日本の現代美術の展開を知るうえで欠かせない画家の道行きにふれることができます。

  • 開催期間:2024年4月6日(土)~6月9日(日)
  • 観覧料:一般1500円、大学・高校生900円 ※中学生以下無料

名古屋市美術館 基本情報

  • 住所:名古屋市中区栄二丁目17番25号(芸術と科学の杜・白川公園内)
  • アクセス:地下鉄東山線「伏見駅」より徒歩5分
  • 開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)毎週金曜日は~20:00まで(入場は19:30まで、祝日の場合は除く)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始、臨時休館あり
  • 入場料:[常設展]一般 300円、大・高生 200円、中学生以下無料

松坂屋美術館(名古屋市中区)

ショッピングのついでに立ち寄れる美術館

松坂屋名古屋店の館内に位置し、買い物ついでに気軽に立ち寄ることができる松坂屋美術館。所蔵品は持たず、年間を通して国内外の絵画、工芸、アニメーションなど幅広い展覧会を実施しています。

展覧会「絵本作家 谷口智則展 ~いろがうまれるものがたり~」

日本画を学んでいた学生時代に絵本作家を志し、独学で絵本作りを始めた谷口智則。6色のアクリル絵具で独特な世界観を表現し、国内だけでなくヨーロッパやアジアでも活動の域を広げています。

本展「絵本作家 谷口智則展 ~いろがうまれるものがたり~」では絵本原画を中心に約350点の作品を紹介し、20年にわたる彼の作家活動を網羅。「言葉が通じなくても、子どもから大人まで世界中の人々に想いと感動が伝わる絵本作りをしたい」と話す谷口の絵本を通じて、あなただけの色を見つけてみてください。

  • 開催期間:2024年4月27日(土)〜6月2日(日)※会期中無休
  • 観覧料:一般1000円、大学・高校生700円 小・中学生400円 未就学児以下無料

松坂屋美術館 基本情報

  • 住所:名古屋市東区葵1丁目19-30
  • アクセス:市営地下鉄栄駅より徒歩5分
  • 休館日:松坂屋休業日
  • 料金:企画展により異なる

徳川美術館(名古屋市東区)

日本最大規模の大名伝来家宝所蔵

徳川美術館には、徳川家康公の遺品を中心にした「大名道具」がおよそ1万点収蔵され、国宝や重要文化財にあたる名品の数々が集められています。

調査員F

昭和10年に完成した本館は国の有形文化財に登録されており、1年を通してさまざまなテーマの特別展や企画展示が行われています。

名古屋城をモチーフにして建てられた新館は、きらびやかな二の丸御殿を部分的に再現した空間を筆頭に、大奥で使用された名品が見られる華やかな展示室など見どころが満載です。

特別展「花咲い、風の吹くらん」

現在開催中の特別展は、「花咲い、風の咲くらん」。雪月花をはじめ花や風、雨など変化に富んだ自然現象に注目して、古典文学や絵画・工芸に見られる風雅の世界を紹介します。

移り行く自然の美しさに惹かれた人々が詩歌に詠み、絵画に描き、工芸品を彩る要素としたことは日本の美的生活を支える基盤となっています。古くから作品に投影されてきた風雅の世界をぜひ体験してみてください。

  • 開催日:2024年4月13日(土) ~2024年6月2日(日)
  • 料金:【一般】1600円【高校・大学生】800円【小中生】500円

徳川美術館 基本情報

  • 住所:名古屋市東区徳川町1017
  • 開館時間:10:00~17:00 (入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始、臨時休館あり
  • 入場料:一般1,400円、大・高生 700円、中学生以下 500円

愛知県美術館(名古屋市東区)

20世紀を中心に国内外の幅広いコレクションを所蔵

オアシス21に隣接する愛知芸術文化センターの10階にある美術館。ゴーギャンやピカソ、マティスなどモダニズム作家の作品のコレクションに加え、日本における近代洋画の先駆者である黒田清輝や高橋由一なども所蔵しています。

企画展「コスチュームジュエリー:美の変革者たち シャネル、ディオール、スキャパレッリ 小瀧千佐子コレクションより」

「コスチュームジュエリー」とは、宝石や貴金属を使わず、ガラスや貝、樹脂など多様な素材で制作されるファッションジュエリーのこと。素材から解放され自由なデザインが提案できるコスチュームジュエリーは戦後アメリカやヨーロッパで広く普及し、当時の女性たちに装う楽しみと生きる活力を与えました。

本展では20世紀初めから戦後に至るコスチュームジュエリーを、小瀧千佐子のコレクションや関連作品を通じて紹介。日本では初となるコスチュームジュエリーの展覧会をぜひお見逃しなく。

  • 開催日:2024年4月26日(金)~6月30日(日)
  • 料金:一般1800円、高・大学生1200円、中学生以下無料

愛知県美術館 基本情報

  • 住所:名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10階
  • アクセス:地下鉄名城線「栄」駅より徒歩3分
  • 開館時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで) ※ 入館は閉館時間30分前まで
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始、臨時休館あり
  • 入場料:【企画展】展覧会により異なる【コレクション展】一般500円 高大生300円 中学生以下無料

ヤマザキマザック美術館(名古屋市東区)

内装にもこだわったロココ芸術絵画が豊富な美術館

ロココからエコール・ド・パリまで、18世紀から20世紀にかけてフランスで活躍した作家の絵画を中心に所蔵している美術館。当時のガラス作品や、フランスから移築されたアール・ヌーヴォー建築の食堂なども再現展示されています。

展示室は天井が高く、作品同士も余裕を持って展示されているので、一つずつの作品を落ち着いて鑑賞することが可能です。

調査員F

展示室内の作品の撮影(個人使用に限る)ができたり、常設展でも無料の音声ガイドサービスがあるのが嬉しいポイント!

館内には、本格的なフレンチやイタリアンが楽しめるレストランや、気軽に立ち寄れるカフェ、ワインバーがあり、芸術にふれながらゆっくりとした時間が過ごせます。

展覧会「Photograph 記憶の花 藤原更 Sarah Fujiwara」

開催予定の展覧会は、「Photograph 記憶の花 藤原更 Sarah Fujiwara」。「記憶の可視化」をテーマに掲げ、写真(Photograph)の可能性を拡張しようと試みる藤原更(ふじわら さら)の作品を展示します。

「命の儚さ、そして存在の輝きを表現したもの」をつくりだしていきたいという現代美術家 藤原更の『記憶の花』を楽しんでみてください。

  • 開催期間:2024年04月26日(金)~2024年06月30日(日)
  • 入館料:一般1300円、小・中・高生500円 ※小学生未満無料

ヤマザキマザック美術館 基本情報

  • 住所:名古屋市東区葵1丁目19-30
  • アクセス:地下鉄東山線「新栄町」駅 1番出口直結
  • 営業時間:10:00~17:30(入館は17:00まで) ※土日は17:00まで
  • 休館日:月曜日(祝日の場合はその翌平日)、年末年始、展示替期間

豊田市美術館(豊田市)

建物自体が作品のような美術館

2024年7月13日まで展示替えのため休館中

豊田市の市街地を一望できる場所に立地する豊田市美術館。谷口吉生氏によるデザインの建物は日常との距離をとるため入り口にあえて湾曲したアプローチが設置されており、一歩一歩進むごとに建物が見えてくるという素敵な仕掛けが。

乳白色のガラスから差し込む柔らかな光で、明るく照らされる館内は、それぞれの展示コーナーに異なる材質が使われており、作品を引き立てる工夫がなされています。

調査員F

敷地内にあるレストランでは、美しい風景を眺めながら作品にちなんだ料理が食べられ、茶室では、季節の和菓子と抹茶を楽しむことができますよ。

展覧会「エッシャー 不思議のヒミツ」

幾何学的な構成と厳密さを追求し、視覚芸術の本質に迫る作品を生み続けたマウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898~1972)。幻視的イメージや錯視を用いた作品で独自の芸術世界を想像した彼は、現在も幅広い層の人々の関心を惹きつけてやみません。

本展では、エッシャーがアール・ヌーヴォーにインスピレーションを得た作品をはじめとした約160作品を展観。彼の作品の根底にある遠近法的、幾何学的、構成的パラドックスにかかわる機会を提供してくれます。

  • 開催期間:2024年7月13日[土]~9月23日[月・祝]
  • 料金:一般1700円、高校・大学生1200円、中学生以下無料

豊田市美術館 基本情報

  • 住所: 豊田市小坂本町8丁目5-1
  • アクセス:名鉄「豊田市」駅下車の場合は徒歩約15分
  • 営業時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
  • 定休日:月曜日(祝日除く)、展示替え期間、年末年始
  • 観覧料:一般1000円、高校・大学生800円、中学生以下無料

メナード美術館(小牧市)

豊かな自然の中で芸術に出会える美術館

メナード美術館は、化粧品メーカー「メナード」の創業者である野々川大介・美寿子夫妻が収集した美術作品を展示している美術館です。

小牧城を東に15分ほど移動したところにあり、豊かな自然と落ち着いた雰囲気の中で、日常をはなれてゆっくりと芸術鑑賞ができます。美術に詳しくない方でも、休日のひとときを過ごすのにおすすめです。

展覧会「歳時記 風薫る夏」

開催中の展覧会「歳時記 風薫る夏」は、季節の年中行事や自然を記した書物「歳時記」にちなんだもの。古くから人々は四季に親しみ、四季折々の自然を暮らしの中にえがき、室内を装ってきました。

「歳時記」と題した本展では、年間で季節に合わせた3回の展覧会を開催。「風薫る夏」ではさまざまな夏の姿を日本画、日本洋画、工芸作品約60点からご覧いただきます。

歳時記をめくるように、徐々に厚さが増し移ろいゆく季節の情景をお楽しみください。

  • 開催日:2024年4月13日(土)~7月7日(日)
  • 料金:一般1000円 高大生600円 小中生300円

メナード美術館 基本情報

  • 住所:愛知県小牧市小牧五丁目250番地
  • アクセス:名鉄バス「メナード美術館前」すぐ
  • 営業日:10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
  • 定休日:月曜日(祝休日の場合は直後の平日)、展示替等による臨時休館、年末年始
  • 料金:一般1000円 高大生600円 小中生300円

名都美術館(長久手市)

近現代の日本画を多数収蔵する美術館

リニモ「杁ヶ池公園」からすぐに位置する名都美術館は、横山大観、川合玉堂など、主に近現代の日本画が充実している美術館です。

常設展示はなく、季節やテーマに合わせた所蔵品展や企画展・特別展を開催。ワークショップや美術講座なども行われます。

特別展「福田豊四郎と堀文子 -描く歓び、生きる歓び-」

次回開催される企画展は、画家・福田豊四郎生誕120年、堀文子没後5年の節目に開催される企画「福田豊四郎と堀文子 -描く歓び、生きる歓び-」。

明治37(1904)年に生まれ、時代に迎合することなく日本画を追求し、進取の気性を取り入れたモダンな表現を創出した福田豊四郎。本展では、豊四郎と彼に大きな影響を受けた堀文子の名品を展示し、彼らの画業とその魅力をたどります。

  • 開催日:2024年4月5日(金)~ 2024年6月9日(日) ※前後期で作品が入れ替わります。
    【前期】4月5日(金)~5月6日(月・振休)
    【後期】5月8日(水)~6月9日(日)
  • 料金:一般1100円、大・高生800円、中学生以下無料

名都美術館 基本情報

  • 住所:長久手市杁ケ池301
  • アクセス:リニモ「杁ヶ池公園」駅から徒歩約5分
  • 営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 定休日:月曜日
  • 料金:一般600円 大学生300円 中高生150円

一宮市三岸節子記念美術館(一宮市)

日本を代表する女性洋画家の美術館

一宮市出身の洋画家、三岸節子をたたえ、作品を収集・展示した美術館です。三岸節子の生家跡に建てられた美術館は、敷地内にあった織物工場を思わせる「のこぎり屋根」や、ヴェネチアをイメージした水路など、彼女にゆかりのあるデザインになっています。

調査員F

自ら「花の画家」と称した彼女が生涯にわたって描いた作品の数々が常設展示されているほか、さまざまな作家の企画展も人気を集めています。

館内にはこじんまりとした喫茶室があり、挽きたてのコーヒーと地元産のお菓子が楽しめますよ。

一宮市三岸節子記念美術館 基本情報

  • 住所:一宮市小信中島郷南3147-1
  • アクセス:JR「尾張一宮」駅➙名鉄バス「起(おこし)行」➙「起工高・三岸美術館前」から徒歩約1分
  • 営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 定休日:月曜日、祝日の翌日(土・日曜の場合開館)
  • 料金:一般320円、高大生210円、中学生以下無料

岡崎市美術博物館(岡崎市)

エントランスのアトリウムが美しい自然に溶け込んだ美術館

岡崎中央総合公園内にある岡崎市美術博物館は、環境や風景に配慮したデザインで知られる栗生明氏の設計により、地形を活かして建てられた美しい美術館です。

心がテーマの「マインドスケープ」美術館として、西洋のバロック絵画から現代美術まで「心」を伝える作品が展示されているほか、徳川家康にまつわる資料や、当時のやきものや絵画などが収蔵されています。

調査員F

隣接するカフェレストランでは、見晴らしの良いテラス席に座り、岡崎市内を一望しながら食事を楽しむことができます。

展覧会  「ひらいて、むすんで」

開催予定の展覧会は、現代社会の様々な問題に切り込む気鋭のアーティスト作品を多数展示する「ひらいて、むすんで」。自分を語ることを、自身の断片を「むすぶ」と同時に自分を「ひらく」表現であると定義し、「むすぶ」「ひらく」の観点から22名の美術作家による作品を紹介します。

申し込み不要のワークショップも開催予定です。ぜひ自由な創造性を用いて、自身の世界を「ひらいて」みてください。

  • 開催日:2024年4月13日(土)~6月16日(日)
  • 料金:一般1000円、小中学生500円 未就学児無料

岡崎市美術博物館 基本情報

  • 住所:岡崎市高隆寺町字峠1番地
  • アクセス:名鉄「東岡崎」駅からバス「中央総合公園行」乗車、「美術博物館」下車徒歩5分
  • 営業時間:10:00~17:00(最終入場は16:30)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合翌平日)、年末年始
  • 料金:展覧会により異なる

おかざき世界子ども美術博物館(岡崎市)

子どものための体験型アートミュージアム

世界で初めての本格的な子どもの美術館、おかざき世界子ども美術博物館

「THINK(考える)」、「SEE(見る)」、「DO(作る)」の3つをテーマに、世界の名だたるアーティストが10代の頃に手がけた作品が展示されているほか、国内外の絵本や美術書に触れられます。

調査員F

美術館に併設された「親子造形センター」では、絵画、工作、粘土、EB(EB硬化)と4つの教室があり、それぞれの作品作りが体験できます。

子どものための美術館ですが、展示作品も体験プログラムも充実しており、大人も十分楽しめる人気スポットになっています。

おかざき世界子ども美術博物館 基本情報

  • 住所:岡崎市岡町鳥居戸1-1
  • アクセス:名鉄「美合駅」から徒歩30分
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:月曜日、祝日の翌日、年末年始、展示替え日
  • 料金:【展覧会】企画展により異なる【教室】100円~1000円

三河工芸ガラス美術館(西尾市)

巨大万華鏡の中で写真撮影できる体験型ミュージアム

巨大万華鏡「スフィア」の中で写真が撮れることからSNSで話題になり、フォトジェニックな美術館として注目されています。

音と光による仕掛けが施されたガラス作品は、それぞれ幻想的な美しさが楽しめ、鏡張りの「彫刻鏡の部屋」では、合わせ鏡で無限に広がる不思議な世界を体験できます。

調査員F

1階の体験教室で行われるステンドグラスでガラスアートを作るワークショップや、ガラス製のアクセサリーが購入できるミュージアムショップも人気です。

三河工芸ガラス美術館 基本情報

  • 住所:西尾市富山町東郷5
  • アクセス:名鉄バス 下矢田経由刈宿行「上矢田北」下車徒歩5分
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、第一火曜日
  • 料金:一般1000円、小人(小学生)600円、幼児(3歳以上)400円

高浜市やきものの里かわら美術館・図書館(高浜市)

かわらを中心に様々な展覧会やイベントが行われる文化施設

瓦の生産量で日本一を誇る「三州瓦」の中心産地、高浜市にある美術館・図書館です。

瓦を運搬する「千石舟」をモチーフにした外観デザインの美術館には、三州瓦のコレクションから世界の瓦まで幅広く展示されています。

ここにしかない「かわらポスト」
森前公園

調査員F

多様なワークショップやマルシェなどのイベントも幅広く開催。併設する森前公園ではフレンチを提供するレストランや、海の生き物が隠れる瓦のレリーフなどもあります。

企画展「ヤマザキマリの世界展」

開催中の展覧会です。ヤマザキマリは、14歳で初めて一人でヨーロッパを旅して以来、国境を超えた生き方を続ける作家。代表作「テルマエ・ロマエ」がよく知られています。

本展では、そんなヤマザキマリのひらめきの源泉をたどるべく「漫画家・画家・著述家」の3つの側面からその世界観を俯瞰します。幼少期から最新作「続テルマエ・ロマエ」までの作品をぜひお楽しみください。

  • 開催日:2024年4月13日(土) 〜 6月30日(日)
  • 料金:高校生以上900円(720円)、中学生以下無料

高浜市やきものの里かわら美術館・図書館 基本情報

  • 住所:高浜市青木町九丁目6-18
  • アクセス:名鉄三河線「高浜港」駅下車、徒歩約10分
  • 営業時間:10:00~17:00(観覧券の販売は16:30まで)※ 図書利用は10:00~18:00
  • 定休日:月曜日、火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 料金:【常設展示】 無料【特別展・企画展・館蔵品展】展覧会により異なる※ 中学生以下は無料

刈谷市美術館(刈谷市)

茶室で呈茶も楽しめる美術館

刈谷市美術館は、公立の美術館として愛知県全域をはじめ地元アーティストの作品を中心に、絵画や彫刻といったさまざまな作品が収蔵しています。

常設展示は、テーマに沿って年に数回の展示替えが行われ、国内外の絵本やグラフィックデザイン、アニメーションをテーマにした、ユニークな企画展も開催されています。

調査員F

敷地内に建てられた茶室では、一服300円で呈茶サービスが受けられるので、芸術鑑賞のお供に抹茶と和菓子を楽しんではいかがでしょうか。

刈谷市美術館 基本情報

  • 住所:刈谷市住吉町4丁目 5番地
  • アクセス:JR東海道本線・名鉄三河線「刈谷」駅南口より徒歩約10分
  • 営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 定休日:月曜日、祝日の翌日
  • 料金:【企画展】展覧会により異なる【コレクション展】無料

碧南市藤井達吉現代美術館(碧南市)

歴史的まちなみに溶け込んだ現代建築

藤井達吉は、日本画、油彩画、陶芸、木工と、作品が多くの分野に及び、日本近代工芸のパイオニアとして知られる愛知を代表する芸術家。

2023年5月にリニューアルオープンした藤井達吉現代美術館は、子どもから大人まで参加できるワークショップや企画展も開催され、地域に寄り添った美術館です。藤井の作品だけでなく、碧南の歴史に関わる史料や文化財などが常設展示されています。

調査員F

外観は透明感あるガラスと墨色タイル張りで、歴史的なまちなみに調和した現代建築となっています。

企画展 「春陽会誕生100年 それぞれの闘い 岸田劉生、中川一政から岡鹿之助へ」

近日開催の企画展です。在野における洋画の公募団体として1922(大正11)年に結成された春陽会。本展では、新進気鋭の画家たちが名を連ねた春陽会が創立以来貫く「各人主義」の姿勢を手掛かりに、画家たちが挑んできた「それぞれの闘い」をたどろうとするもの。

創立から1950年代ごろまでに活躍した画家の作品100点以上をぜひ味わってみては。

  • 開催日:2024年5月25日(土曜日)~7月7日(日曜日)
  • 開催時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)
  • 料金:一般1000円、高大生600円、中学生以下無料

碧南市藤井達吉現代美術館 基本情報

  • 住所: 碧南市音羽町1丁目1
  • アクセス:名鉄三河線「碧南」駅より徒歩6分
  • 営業時間:10:00~18:00 ※特別展入場は17:30まで
  • 定休日:月曜日(休日の場合はその翌日)、年末年始
  • 料金:【常設展】無料【企画展】展覧会により異なる

愛知県陶磁美術館(瀬戸市)

土に出会う、やきものの美術館

古代から現代までのやきものや、世界の名品およそ600点が常設展示されており、時代や地域ごとの魅力的なやきものが鑑賞できます。

予約がいらないため気軽に陶芸が楽しめるロクロを使った作陶や絵付け体験のほか、地元のアーティストや学芸員を講師に開催されるワークショップも人気があります。

調査員F

館内の図書室では、陶磁器に関わるさまざまな蔵書が閲覧でき、陶磁器の歴史や種類が学べます。

2023年6月19日から2025年3月31日まで、改修工事のため休館しています。

愛知県陶磁美術館 基本情報

  • 住所: 瀬戸市南山口町234
  • アクセス:リニモ「陶磁資料館南」駅下車徒歩10分
  • 営業時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
  • 定休日:月曜、年末年始
  • 料金:【常設展】一般400円、高大生300円、中学生以下無料

愛知の美術館で芸術に親しむ休日を

愛知県内の美術館では、地元のアーティストから世界的に有名な芸術家の作品まで、さまざまなアートが楽しめます。

茶室や、カフェ、レストランを併設している美術館も多く、作品を楽しみながら美術館グルメを味わえば、より充実した時間が過ごせそうです。

地元の方も、旅行・観光で訪れた方も、日頃の忙しさを忘れ、静かな美術館で芸術に親しんでみてはいかがでしょうか。