愛知県には、大自然に囲まれたキャンプ場から、都会の中にあるキャンプ場まで、魅力的なキャンプ場がたくさんあります。

日常の喧騒から離れ、自分だけの時間や、大切な人とリラックスできる時間を過ごしてください。

調査員F

この記事では、愛知のキャンプ場を厳選して12か所ご紹介します。キャンプサイトやアクティビティ情報も必見です!ぜひ最後までご覧ください。

愛知のバーベキュー場15選!手ぶらや日帰りで楽しめるスポットを紹介

気温が少しずつ上がり、過ごしやすくなると楽しみになるのがバーベキュー。友人や家族と休日を過ごすおでかけにぴったりのアクティビティです。 豊かな自然に恵まれた愛…

目次

■手ぶらでも楽しめる愛知の高規格キャンプ場6選

  • オバッタベッタ・ヤネル(名古屋市)
  • BAMBOO RESORT MIHAMA繋(美浜町)
  • ウッドデザインパーク岡崎(岡崎市)
  • 旭高原元気村(豊田市)
  • 休暇村伊良湖オートキャンプ場(田原市)
  • 休暇村茶臼山高原(豊根村)

オバッタベッタ・ヤネル(名古屋市)

名古屋市初のキャンプ場「オバッタベッタ・ヤネル」には、持ち込みテントサイトとキャビンサイトのほか、手ぶらで楽しめるバーベキューエリアがあります。

テントは公園に近いエリアと、少し奥まったウッドサイトのどちらかに設営できます。車両乗入はできないので、アウトドアキャリーがあると便利でしょう。

キャビンエリアにはユニークな形のキャビンが15棟あり、宿泊だけでなくデイキャンプでの利用もできますよ。

調査員F

敷地内にはレストランもあるため、名古屋から近場で気軽にキャンプを楽しみたい方にはおすすめです!

  • 住所: 名古屋市守山区川東山(小幡緑地公園本園内)
  • 営業期間:通年
  • 料金:【テントサイト】5000円~【キャビンサイト】10000円~

BAMBOO RESORT MIHAMA繋(美浜町)

「BAMBOO RESORT MIHAMA繋(つなぐ)」は、2022年夏にグランドオープンしたキャンプ場で、芝生の上のテント泊から、プライベート感が味わえるグランピングまで楽しめます。

ドーム型テントが並ぶグランピングエリアでは、贅沢で広々としたスペースの中ゆったりとくつろげ、竹林に囲まれた芝生のテントサイトにはウッドデッキやAC電源があり、キャンプ初心者でも安心して楽しむことができます。

場内でイチゴ狩りができるほか、大アサリや知多牛など、知多の名産が食べられる日帰りバーベキュープランも人気です。

調査員F

車に乗って約3分で海に出られるのも嬉しいポイント!

  • 住所: 知多郡美浜町野間丸山152
  • 営業期間:通年
  • 料金:【キャンプサイト】5500円~【グランピング】1人9900円~

ウッドデザインパーク岡崎(岡崎市)

充実した設備のグランピングとbbqが楽しめる「ウッドデザインパーク岡崎」は、清流乙川の中州に作られたキャンプ場。

パーク内では花火ができるほか、室内アクティビティも充実しているので、冬や雨の日でも子どもが飽きることなくおもいきり遊ぶことができます。

調査員F

屋外のストレスを極限までカットしたラグジュアリーなグランピング「HEYAmping」ができるのも大きな特徴です!

日帰りBBQでは、ボリューム満点のバーベキューセットのほか、豊富な種類のドリンクが楽しめます。乙川清流での川遊びもぜひ満喫してください。

  • 住所: 岡崎市鍛埜町日面8番地4
  • 営業期間:通年
  • 料金:【グランピング、グラスキャビン】大人1人18000円~、小学生大人料金の80%、3才以上未就学児10000円

旭高原元気村(豊田市)

標高650mの高原にある「旭高原元気村」。ウッドデッキでBBQスペースも設置されているテントサイトから、オートサイト、バンガローやファミリーロッジも完備されています。ニーズに合わせて使い分けられるのが嬉しいところ。

調査員F

1棟貸し「つつじ屋敷」は、囲炉裏のある古民家をイメージした施設。非日常感のあるステイを楽しむならおすすめです♪

ふれあい動物園や体験教室、天体観測をはじめ、冬になるとゲレンデで雪そりも楽しめます。遊びも充実しているので、2日間かけてぜひ満喫してくださいね!

  • 住所:豊田市旭八幡町根山68-1
  • 営業期間:通年 ※ファミリーバーベキュー場のみ4月~翌年11月末
  • 料金:【テントサイト・オートキャンプ】3000円~【キャンプデッキ】5000円~【つつじ屋敷】54000円~

休暇村伊良湖オートキャンプ場(田原市)

渥美半島で気軽にアウトドアが楽しめる「休暇村伊良湖オートキャンプ場」。全区画オートサイトとなっており、車で横付けして手間少なくキャンプを楽しめます。常設サイトもあるので、テントなしの方でもOK!

食材や調理器具に加え、大浴場やホテルの朝食にビュッフェまで利用できるぜいたくな「手ぶらでキャンプパック」が人気のプランとなっています。

調査員F

大浴場には炭酸泉の露天風呂なども完備。アウトドアを満喫しながらもラグジュアリーな気分を味わいたい方にはおすすめです!

  • 住所:田原市中山町大松上1
  • 営業期間:4月下旬~10月下旬
  • 料金:
    【管理費(施設利用料と別途】大人700円、小学生・幼児600円
    【ドーム型テントサイト】5500円~【持込テントサイト】2200円~

休暇村茶臼山高原(豊根村)

 別名「チャウシカノ森キャンプ場」とも呼ばれる「休暇村茶臼山高原」は、標高1200mの高さをほこるキャンプ場。夏でも快適に過ごすことができ、野生のシカに出会ったり、満天の星空を楽しんだりと体験アクティビティも豊富です。

調査員F

テントはすでに設置済みで、食材も用意されています。電源やシャワー、水道など完備のコテージもあり、初心者の方でも楽しめるのが嬉しいところ!

ペット連れ込み可のコテージも利用でき、愛犬と一緒に別荘気分で休日を過ごすことも。

キャンプ場から車で5分のところにある「茶臼山高原スキー場」では、夏もイベントが開催されて遊べます。ファミリーでの思い出作りに「いったりできます。

  • 住所:北設楽郡豊根村坂宇場御所平70-163
  • 営業期間:4月~11月ごろ(2024年の予定は未発表)
  • 料金:
    【管理費(施設料金と別途)】大人600円、小学生・幼児500円
    【持込テントサイト】1000円【ドーム型常設テント】5200円【コテージ】12000円~

■ソロでもファミリーにもおすすめな愛知のキャンプ場3選

  • くらがり渓谷キャンプ場(岡崎市)
  • つぐ高原グリーンパーク(設楽町)
  • 愛知県民の森キャンプ場(新城市)

くらがり渓谷キャンプ場(岡崎市)

提供:岡崎市

「くらがり渓谷キャンプ場」は岡崎市の県立自然公園内、くらがり渓谷沿いにあるキャンプ場です。秋には紅葉の名所としても知られる雄大な大自然を活かしたマス釣りや森林浴、渓谷での水遊びなどが人気。

テントだけでなく、バンガローやコテージ、ミニログハウスなども利用できるため、グループや家族で気軽にキャンプを楽しむこともできます!快適な穴場のアウトドアスポットですよ。

調査員F

予約は電話のみとなっています。公式ページからご予約ください。

  • 住所:岡崎市石原町牧原日影3-1
  • 営業期間:施設により異なる 公式ページ参照
  • 料金:【テントサイト】3500円~【オートキャンプ場】4000円~【コテージ】15000円~

つぐ高原グリーンパーク(設楽町)

愛知県一星空に近い天文台「つぐ高原天文台」のすぐ近くにある「つぐ高原グリーンパーク」は、条件が揃えば満天の星を眺めながらのキャンプが楽しめる自然豊かなキャンプ場。

リバーサイドエリアから林間のウッディエリア、バンガローエリアが整備されており、ファミリーからソロまでさまざまなスタイルのキャンプが可能です。

調査員F

川遊びやニジマス釣りができるほか、ホタルや野生動物が見られるなど、たくさんの自然に触れられるのが魅力です。パターゴルフやテニスコート、ドッグランもあり、ワンちゃん連れのファミリーにもおすすめ。

また場内にある道の駅では、地元野菜やジビエ商品など、奥三河の特産品が手に入ります。キャンプグッズ売り場も充実しているので便利です♪

  • 住所:北設楽郡設楽町津具東山2-156
  • 営業期間:通年(バンガローは4月中旬~11月下旬)
  • 料金:施設や時期によって異なる ※公式サイト参照

愛知県民の森キャンプ場(新城市)

広大な敷地の中にある「愛知県民の森キャンプ場」。テントサイトに自前のテントを持ち込んで設営する場合は、キャンプ場利用料200円(大人/日)のみという格安のキャンプ場です。

調査員F

オートキャンプサイト、常設テントを利用する場合はそれぞれ別途料金がかかるので注意してくださいね!

敷地内には、ハイキングや本格的な登山コースがあり、キャンプと共に山歩きをしたい人に人気です。また、敷地内の「モリトピア愛知」では広いお風呂に入浴もできるので、疲れた体を癒すことができますよ。

  • 住所:新城市門谷鳳来寺7-60
  • 営業期間:通年
  • 料金:
    【利用料(施設利用料と別途)】大人200円、子ども100円
    【オートキャンプ場】3600円【バンガロー】4000円 ※時期によって異なる

■アクティビティも充実の愛知のキャンプ場3選

  • アウトドア・ベース 犬山キャンプ場(犬山市)
  • 三河高原キャンプ村(豊田市)
  • 仁崎キャンプ場(田原市)

アウトドア・ベース 犬山キャンプ場(犬山市)

犬山市にあり、名古屋市内から1時間以内でアクセスできるのも魅力の「アウトドア・ベース 犬山キャンプ場」。

フリーサイトと区画サイトが選べ、車乗り入れ可能な「農園オートサイト」は、すべて板塀で区切られているので、ワンちゃんや小さいお子さん連れでも安心してキャンプが楽しめます。

場内には、バーベキューが楽しめる水上デッキや釣り堀、子供向けの遊具などが設置されているほか、カモの泳ぐ池で「いかだボート」に乗ることもできます。

調査員F

イチオシはアメリカ先住民族の住居「ティピー」内での焚火体験や宿泊。他ではなかなかできないキャンプが楽しめますよ!

横には小さな川が流れ、幻想的な空間が体験できます。いつもと違ったキャンプを楽しみたい人におすすめのキャンプ場です!

  • 住所:犬山市今井東山95番地
  • 営業期間:通年
  • 料金:
    【入場料(施設利用料と別途)】大人1000円、小人700円
    【フリーサイト】500円【農園オートサイト】3500円【ティピー】6000円~

三河高原キャンプ村(豊田市)

「三河高原キャンプ村」は、名古屋から約1時間とアクセスが良く、日帰りキャンプやバーベキューも楽しめることから、手軽に行けるキャンプ場として人気があります。

牧場や、マウンテンバイクのトレイルコース、ルアー・フライ専用の釣り場があり、大人から子どもまで、アウトドア体験を満喫することができます。

調査員F

管理棟付近の開けたエリアと、山沿いの自然に囲まれたエリアから、好みに応じたサイトが選べ、広い敷地の中で設営スペースをしっかり確保できるのが魅力です。牛の姿が見られるサイトもあります。

ファミリーからソロキャンパーまで、誰でも利用しやすいキャンプ場ですよ。

  • 住所:豊田市東大林町半ノ木2
  • 営業期間:通年
  • 料金:
    【入村料金(施設利用料と別途】大人600円、小人400円
    【キャンプサイト】2900円【オートキャンプ】4000円~【バンガロー】5300円~

仁崎キャンプ場(田原市)

目の前に海が広がる「仁崎キャンプ場(にさきCAMP)」では、釣りやSUPなどのアクティビティが楽しめます。遊泳禁止なので、海水浴をする場合は近くの「白谷海水浴場」を利用しましょう。

ソロ専用サイトがあるので、静かに過ごしたいソロキャンパーにもおすすめです。近年のサウナブームに乗り、レンタルテントサウナも利用できます!

調査員F

オートサイトは日陰がありませんが、テントサイトは松の防風林の中にあるので、夏でも木陰で涼しく過ごせるでしょう。

国道沿いにあるキャンプ場のため、買い出しに行きやすいのが魅力です。近くにある道の駅や地元スーパーで、ご当地食材を買うことができますよ♪

  • 住所:田原市仁崎町黒石24
  • 営業期間:通年 ※営業は土日祝、連休のみ
  • 料金:【オートキャンプサイト】5000円【テントサイト】4000円【ソロキャンプサイト】2000円

愛知の魅力的なキャンプ場でリラックス

日頃の忙しさを忘れ、親しい人と過ごすキャンプでの時間は特別です。

愛知には、リラックスした時間が過ごせたり、おもいきりアクティビティを楽しんだりできるキャンプ場がたくさん。ぜひお出かけの際は愛知の自然に触れて、素敵なアウトドア体験をしてください!